Tag: 新人

新人を育成する人

毎年4月になると様々なところで新入社員や新人さんが入って来て、どこも慌ただしくもフレッシュな空気になることと思います。医療現場も
例外ではなく、4月になれば新しい人が入ってきます。しかしすでに実習や研修などで出入りしていた人が来たり、常に学生が出入りしていることもあるのでさほど珍しいことではないという感覚かもしれません。医療技術は古くから私達人類と共にあり、今日まで発展してきました。そのため医療従事者なら誰でも出来るように、とマニュアル化されている部分があります。誰かがいなければ出来ない、という不測の事態を避けるためマニュアル化されていると言えます。患者がいつどうなるかは誰にも分からないのでその人なりの方法で、ということではなく決められた方法でやっていくことが望まれます。そのため、教育制度は比較的しっかりしています。医師も研修医制度があり、1,2年は研修医として様々な診療科で学びますし、看護師もプリセプター制度があるので先輩2、3人に新人看護師が1人ついて実際に教えられながら学んでいく、という形式が取られています。医療現場はミスが起こっては絶対にならない場所なので、教える方も教わる方もしっかり間違いがないようにしなければなりません。新人ではありますが、患者からしてみれば普通の医師や看護師にも見えてしまうし、何よりミスをして何か起こってしまえば新人がやったことだろうが同じことなので、その意識だけは持つべきです。